スキューバダイビングの醍醐味を味わうためには、PADIアドバンスウォーターのライセンスが必要

スキューバダイビングを行うためには講習を受ける必要があります。但し、少なくとも日本ではスキューバダイビングを行う際に、ライセンスを取得する必要はないのです。しかし、スキューバダイビングは危険を伴うスポーツですから、より安全に楽しむためにはライセンスを取得しておいた方が良いでしょう。また、海外でスキューバダイビングを行う際には、ライセンスが必要な場合があります。そういった意味でも、ライセンスを取得するのが賢明です。
ライセンスは、様々な団体で発行しています。その中の1つにPADIという団体があります。PADIは世界最大のレクリエーショナルダイビングの団体であり、日本においても最もポピュラーな団体です。ですから、ライセンスはPADIのものを取得するのが良いでしょう。
PADIに限ったことではないのですが、ライセンスには段階があります。初心者でもすぐに取得できるものもあれば、経験を重ねてからではないと取得で着ないものもあります。
初心者でもすぐに取得できるのが、PADIオープンウォーターです。ただ、PADIオープンウォーターの場合、最大潜水震度は18mに制限されています。未経験者ならば18mは深く感じるかもしれませんが、少しでも経験すれば物足りなく感じてしまう深さです。
PADIオープンウォーターの上のライセンス、PADIアドバンスウォーターならば18mという最大潜水震度は撤廃されます。PADIアドバンスウォーターを取得してはじめて、スキューバダイビングの醍醐味が味わえると言えるでしょう。もちろん、取得すれば知識も技術も向上しますから、今まで以上に海の中が楽しくなります。

アドバンスを取得して沖縄のエモンズの沈没船に潜りにいくのもおすすめです。 エモンズ